読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟島の世迷い言を世界へ

単なるチラ裏作品集

56局目

f:id:nobel-komine:20170109085010j:plain

パラ05年10月 高等学校

 

 

 

詰手順

▲2六角  △3四玉 ▲4四金  △2四玉 ▲1五角 △3五玉 ▲3四金  △同 歩 ▲2五飛  △4四玉 ▲5三銀打  △5四玉  ▲6四金  △4三玉 ▲2三飛成  △同 龍  ▲4二角成 まで17手詰

 

8手目同馬は25飛、同馬、44銀以下。この変化が出発点で、収束は正算。それにしては飛の成捨てで格好よく決まってくれたようだが、実はちょっと問題がある。不成が成立するのだ。世間一般の見方はよく知らないが、32玉と変化する余地が生じてそれでも詰むというのは、例えば前局(55局目 )の3手目非限定などと較べると大キズ(厳密には余詰)なのかもしれない。ただ、自分がどう考えるかを簡単に記すなら、「このくらい許してよ」というところだ。