読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟島の世迷い言を世界へ

単なるチラ裏作品集

タイムトライアル ファイナル

引越し前の最終更新です。引越し後の更新予定も今のところありません。

最後ということで、今までよりちょっとだけ難度を上げてみました。とはいえ例によってよくある筋の作品ばかりです。お気軽にどうぞ。

 

f:id:nobel-komine:20170422094552j:plain#01

f:id:nobel-komine:20170422094636j:plain#02

f:id:nobel-komine:20170422094708j:plain#03

f:id:nobel-komine:20170422094730j:plain#04

f:id:nobel-komine:20170422094804j:plain#05

f:id:nobel-komine:20170422094834j:plain#06

f:id:nobel-komine:20170422095100j:plain#07

f:id:nobel-komine:20170422095009j:plain#08

f:id:nobel-komine:20170422095026j:plain#09

f:id:nobel-komine:20170422095042j:plain#10

 

正解手順

#01 32金、同馬、41龍、同馬、22金まで5手

#02 15歩、同銀、25飛成、同金、32馬左まで5手

#03 25飛、34玉、46桂、同角、33銀成、同玉、22飛成まで7手

#04 22飛、43玉、34金、同香、33飛、同馬、52飛成まで7手

#05 33角、32玉、54角、43飛、22金、41玉、63角成、同飛寄、42金まで9手

#06 11飛成、32玉、21角、23玉、22金、33玉、13龍、同馬、32角成まで9手

#07 13香、12桂、23桂、同歩、12香成、同玉、24桂、同歩、13角成、同玉、23金まで11手

#08 32銀、同金、53角成、42飛、21角成、同玉、33桂、同金、22銀、同飛、31金まで11手

#09 54角、同と、26金、45玉、49龍、55玉、46龍、同玉、35銀、同馬、56金まで11手

#10 41飛成、同玉、43龍、31玉、32銀、22玉、12歩成、同玉、34角、22玉、23角成、11玉、41龍まで13手

お楽しみいただけたでしょうか。ではごきげんよう

 

正解発表 #05

f:id:nobel-komine:20170325083412j:plain

再掲 #05

▲4五金 △同 玉 ▲7五龍 △6五金 ▲3五馬 △5四玉 A▲5五歩 △同 金 ▲3六馬 △4五金打 ▲4六桂 △同金右 ▲5五歩 △4四玉 ▲4五馬 △同 玉 ▲3五金打 まで17手詰

A36馬は45香合で逃れ

初手は普通に35金とか小洒落て34金とかいろいろ紛れがある中、頼りない駒台からいきなり金を投下するのが狙い。36の穴も気になるので相当指しにくいだろうという読みでしたがどうだったでしょう。ちなみに4手目36玉には35龍以下追いかけ回せば割と簡単に詰みます。

「難解。初手45金に思考が至るまでかなり時間がかかり、9手目も気づきにくい。本誌で問題なかったのでは?」というのが有吉氏からいただいたコメント。9手目がうまく入ってくれて作品になった感はありますね。収束がもちゃっとしているのでパラでは自信が持てませんでしたが、投稿してみればよかったかな。なお総評として「今後も引き続き良い短編を見せてもらいたいです。」というお言葉もいただきました。大変ありがたいのですがネタがありません。

引越し準備であわただしくなってきて、このブログもあと1回くらい更新しようかなあとは思っていますが、そのあと休眠に入る予定です。ご覧下さった皆様、どうもありがとうございました。

 

正解発表 #04

f:id:nobel-komine:20170325083337j:plain

再掲 #04

▲6四角成 △5二歩 ▲同香成 △同 玉 ▲5三歩 △4二玉 ▲5二飛 △3一玉 ▲5一飛成 △4一銀 ▲5二歩成 △3二玉 ▲3一馬 △同 玉 ▲4二と まで15手詰

べたべたと重ねた飛と歩の詰み崩し。これをテーマにするなら、崩した駒は同時に消すのが作図技術というもの。そこを敢えて盤上に残してみたら……という変態発想。どうせなら完全な残骸にすべきなのかもしれませんが、ちょっと勇気が出ませんでした。止め駒とその拠点になったので、変態性は中途半端。でも「いやあ悩みました。31角成は良い手触り。詰上がりの意外性に痺れました。」(有吉氏)といってもらえたことですし、やはりこれでよかったのでしょう。

3手目の香成が生でもよく、前にも書きましたが、最近はこういう細かいところが気になるようになってしまい、投稿を見送っていた図です。

 

正解発表 #03

f:id:nobel-komine:20170325083321j:plain

再掲 #03 

▲4二金 イ△同 玉 ▲4三金 △3一玉 ▲4一角成 ロ△2一玉 ▲3一飛 △1二玉 ▲2四桂 △同 銀 ▲2三馬 △同 玉 ▲3二飛成 まで13手詰

イ△22玉は33金以下、同玉には43角成、12玉には24桂。変別があるのはちょっと嫌味か。

ロ△同玉は21飛~53桂。

いきなり43金だと21玉で詰みません。そこでまず懐に引っ張り込みます。ちょっとだけ配置を変えると派手に飛捨てでいけますが、この場合は金のほうがよいだろうという判断。なので

「初手42飛や24桂に魅かれてかなり迷いました。」(有吉弘敏氏)

という評をいただくと、私の感覚もそんなにずれていないな、と安心します。

 

正解発表 #01 #02

懸賞出題分の正解発表です。

ありがたいことに看寿賞作家の有吉弘敏様(裏短コン優勝おめでとうございます)より全出題作の短評を頂戴しました。ご本人の了承を得ましたので、紹介させていただきながら進めたいと思います。

 

f:id:nobel-komine:20170325083100j:plain

再掲 #01

▲3一飛 △同 馬 ▲3三桂不成 まで3手詰

有吉氏コメント 「初手が限定という事ですね。」

そういうことですね。51飛なら22玉。キッズルームや坂東市モニュメントにしても今更かなという感じなので、いわゆる客寄せに使ってみました。

 

f:id:nobel-komine:20170325083136j:plain

再掲 #02

▲2六銀 △同 銀 ▲3五龍 △2五飛 ▲2六龍 △同 飛 ▲1六銀 △同 飛 ▲2七桂 まで9手詰

有吉氏「簡素な初形に限定飛合。宝物ですね。」

かわいい見た目にまとまってくれたと思います。出てきた飛車ではなく銀のほうを取るのがポイント。7手目先に27桂は同飛成と龍を作られて失敗。これがあるのでうまく右上に収まりません。しかたなくヤン詰に出してみましたが没でした。

 

締切

懸賞出題締め切りました。

予想はしておりましたが、応募ゼロ!

電子書籍が簡単に手に入るご時勢、そりゃどこぞのおっさんのお下がりを送料払ってまで欲しがる御仁はいませんわな。

というわけで、状態の悪い本はすべて、今朝、めでたくトイレットペーパーへと華麗な変身を遂げました。状態の良いものはブックオフへ持って行き、値段がつかなかったら図書館に打診してみようかと思っています。

締切延期、追加募集は行いません。(コメントは引き続き歓迎します。公開しませんので、忌憚のないご意見などどうぞ)

詰将棋メモに取り上げてもらうなどして、だいぶPVが増えたので、掲載した作品については多くの人にご覧いただけたものと思います。コメントもいくつか頂戴し、中には短評を下さった方もいらっしゃいます。どうもありがとうございました。

8日以降、正解手順をアップしていきます。

 

懸賞出題

将棋関連書籍が他では考えられない高確率でゲットできるという、夢のような懸賞企画でございます。詳しいことは前回エントリー(予告)をご覧ください。

 

f:id:nobel-komine:20170325083100j:plain#01 3手詰

f:id:nobel-komine:20170325083136j:plain#02 9手詰

f:id:nobel-komine:20170325083321j:plain#03 13手詰

f:id:nobel-komine:20170325083337j:plain#04 15手詰

f:id:nobel-komine:20170325083412j:plain#05 17手詰

 

ご応募お待ちしております。