新潟島の世迷い言を世界へ

単なるチラ裏作品集

105局目

f:id:nobel-komine:20210311183904j:plain

パラ 19/09 高校

今回の図面はShogipic。作成時のカラー画面にしようかとも思いましたが、こっちのほうが見やすいですよね。

キャプションのパラはもちろん詰将棋パラダイスのこと。「パラ」をイニシャリズムしても意味ないので。

 

詰手順

32銀・同龍・43桂不成・同龍・23桂・41玉・32銀・同龍・52銀・同金・43龍・同金・52銀・同龍・31馬まで15手詰

 

2手目同玉の変化がちょっと長いが、23龍・同玉・15桂以下割り切れる。

また4手目41玉は63馬~31金。このために質金が置いてある。

なお55桂は持ち駒でもよい。

 

今ちょっと詰将棋に気が乗らず、このブログもまたしばらく放置しようかと思っています。ただ、スマホ、メーカーのお気に入りを出したのだから、とりあえずパラのも出しておこう、というわけで、頑張って更新。これが100局目アップ以後パラに発表した中で最も気に入っている図です。

 

 

104局目

f:id:nobel-komine:20210221080125j:plain

TM 2020/08/08

もうちょっと更新頻度を上げたいのですが、モノグサなもので……

キャプションのTMは「詰将棋メーカー」のことです。

 

詰手順

28馬・26玉・38桂・15玉・24銀・同龍・37馬・16玉・34馬・17玉・26銀・同龍・16馬・同龍・29桂まで15手詰

 

ブログ再開一発目にスマホ詰パラのお気に入りを出したので、今度は詰将棋メーカーのお気に入り。純正ではないが、いわゆる対子図式。

収束数手が61局目と似ているのでパラには投稿しなかった。

 

103局目

f:id:nobel-komine:20210126194446j:plain

Twitter 2020/09/29

試しにいろいろな盤を使ってみてますけど、今回はぴよ将棋。

ちなみに動かせる盤は、自分にはちょっと扱えそうにないので、このブログでは使いません。

 

手順

27銀・同玉・18金・38玉・47角・同馬・28金まで7手詰

 

これも詰将棋メーカーに出したあと、手数を伸ばしてツイッターに貼ったもの。2手逆算したことでかえって既視感が出たような気がしなくもない。

 

102局目

f:id:nobel-komine:20210111121245j:plain

Twitter 2020/10/25

何度も雪かきしてたら腰が痛くなってしまいました。外出をキャンセル、家でおとなしくしています。

そんなわけで詰将棋。本図は詰将棋メーカーで発表した図を改造し、ツイッターの裏アカウントに貼ったもの。おどろおどろしい見た目ですが、短編です。

詰将棋メーカーについては、紹介記事を書こうかとも思ったのですが、あそこはアップデートが頻繁なので、すぐに記事内容が実際と違ってしまう可能性が高いため、やめておきます(←面倒くさいだけ)

おもちゃ箱の詰将棋メモに毎日リンクが貼られていますし、最近は認知度も高まっているはずですが、もし、いやなんだそれオレ知らん、という方がいたら、ここのリンク集にも加えておいたので、よければどうぞ。

 

手順

58飛・99龍・44桂・同玉・34桂・33玉・42桂成・22玉・31桂成まで9手詰

 

攻め方全着手開き王手、1枚の攻め駒につき王手1回のみ。という縛りで作ってみたもの。開き王手のタネにできる駒は8枚あるので、15手までは作れる理屈(ほんとかな?)だが、そんなに突き詰めないのが、まめオニクオリティ(まめオニは、詰将棋メーカーでの源氏名

初手98飛は88銀・同角・同龍が逆王手で失敗。初手44桂も56桂合が逆王手になり失敗。

86に歩がいるのは、2手目88歩が打てるのはちょっとまずかろう、という意味。

101局目(テスト)

 

f:id:nobel-komine:20210107163708j:plain

STP10671 2018/02/09

 誰がいつどうなってもおかしくない世の中になっちゃいましたね。もちろん、私も含めて。そんなわけで、当分放置のつもりだったブログですが、バックアップの意味を兼ねて、ちょっとずつ更新しようかなと思います。ほんと、ちょっとずつですけど。

仕様がだいぶ変わっちゃったみたいだし、そもそも書き方をほとんど覚えていないので、まずはテストを兼ねて。キャプションのSTPというのはスマホ詰パラのことです。

 

13桂成・同玉・12桂成・同玉・11桂成・13玉・12成桂・同玉・24桂・13玉・22角・23玉・33角成・14玉・25金・13玉・23馬・同玉・32馬・13玉・14金まで21手詰

 

今までスマホ詰パラに出した中でいちばんのお気に入りです。こんなのでいちばんなのですから、まあ、そんなヤツだとご認識ください。平均点は現在3.879。このころがインフレだったのか、最近がデフレなのか。

ところで今回、久々にコメントを確認したら「23馬のところ22馬で余詰」という指摘がありました。同玉と取られ32馬には11玉で詰みませんね。

 

私設アンデパンダン

あけましておめでとうございます。

さて、私設フェステボの上級編です。上級といっても長いってだけですが。でまあ、長いといろいろ大変なので、5題だけ。手数区分は高校級2、中・短・大級が各1。

 

f:id:nobel-komine:20200106152752j:plain #1

 

f:id:nobel-komine:20200106152903j:plain #2

 

f:id:nobel-komine:20200106185455j:plain #3

 

f:id:nobel-komine:20200106153049j:plain #4

 

f:id:nobel-komine:20200106153115j:plain #5

 

 

では、とっとと正解手順を。

 

#1 25角・45玉・46銀・同と・34角・同玉・44金・同銀・25銀・同玉・22龍まで11手  両王手が見えているので、ごちゃついているわりにやさしいと思う。20代のころの習作。いやあ、若い。

#2 62飛成・同金・43銀不成・22玉・31馬・12玉・15飛・14桂・同飛・同金・24桂・同金・13金・11玉・22馬まで15手  初手43銀成は22玉で全然詰まない。不成も33玉・88馬・24玉でダメ。しかしここで68飛がなければ79馬がある。  邪魔駒を遠くに置きたかっただけ。桂合からは定番の収束。

#3 44飛・52玉・42飛成・63玉・62龍・54玉・64龍・45玉・44龍・36玉・28桂・27玉・18銀・28玉・48龍・同銀成・17角成まで17手  スマホ詰パラに出すと、頭10手要らない、といわれるヤツ。

#4 23銀・同玉・24歩・33玉・22銀・24玉・13銀不成・33玉・24銀打・34玉・23銀不成・同玉・25龍・33玉・24龍・32玉・21龍・同玉・22角成まで19手  24銀打~23生みたいな筋は何度も作っているので、投稿する気にならなかった。

#5 15馬・24飛・44銀・23玉・43飛成・22玉・14桂・☆11玉・13香・12歩・★23桂・同飛・12香成・同銀・33馬・同飛・22桂成・同玉・33銀不成・11玉・★★22銀成・同玉・32飛・11玉・12飛成・同玉・★★★13銀・11玉・12歩・21玉・23龍・31玉・22銀成・42玉・32龍まで35手  2手目後ろに利かない合は★23桂を取れない。金合は作意★★で打てる(☆で同金なら33馬・12玉に13香~11馬)。10手目香合は★★★14香、桂合は同様に24桂。14手目同玉は23龍(金合だった場合も23龍)。16手目合駒は清算で早い。20手目13玉は14歩~34龍。3手目45桂は42玉・24馬・43玉・53桂成・44玉。  ほかの作品の紛れ筋から正算。こういうのは大抵、収束ぐだぐだになる。なお、作者は中編に手を出すと大体ウッカリがある人なので、なにか気づいたことがあったら教えてやってください。

 

私設フェステボ III

3手から9手。今回は難度激甘、完成度激低でお届けいたします。

 

f:id:nobel-komine:20191006113138j:plain #01

f:id:nobel-komine:20191006113336j:plain #02

f:id:nobel-komine:20191006113416j:plain #03

f:id:nobel-komine:20191006113447j:plain #04

f:id:nobel-komine:20191006114316j:plain #05

f:id:nobel-komine:20191006114350j:plain #06

f:id:nobel-komine:20191006114436j:plain #07

f:id:nobel-komine:20191006114506j:plain #08

f:id:nobel-komine:20191006114601j:plain #09

f:id:nobel-komine:20191006114713j:plain #10

 

増税前の駆け込みでパソコンを買い替え。現品限りの爆安展示品ですが、「reiwa」と打ち込むとちゃんと「令和」になって、なんか感動しました。ただしバンドルのOfficeは2016とやや古め。なんですけど、それでも今まで使っていた2003(古!)とは別物みたいになっていて、いろいろウンザリしているところ。

ぼちぼち慣れていこうということで、ブログも更新してみることにしました。11手以上のどこへも出せない作品も溜まってきているので、またトップページに広告が出そうになるタイミングで更新しようかなと(今のところ)思っています。

 

#01 53飛、同玉、54金まで3手

   63飛は32玉で逃れ。1枚増えても実戦形にすべきか

#02 13銀、同銀、21飛成、同玉、11金まで5手

#03 44桂、同歩、33角成、同玉、23桂まで5手

#04 63桂、同龍、33馬、同龍、52龍まで5手

#05 23銀、同玉、32馬、同飛、24金まで5手

#06 31角成、12玉、32飛成、同銀、45馬、同飛、22馬まで7手

#07 23銀不成、同桂、15歩、同桂、41馬、同飛、26桂まで7手

   回文にできるが、ほぼパクリになってしまう

#08 32金、23玉、22金、同玉、23銀、33玉、32馬まで7手

   その気になれば44角は入る。他の逆算もあるかも

#09 31金、51玉、63桂、同龍、24馬、同龍、41金、同玉、42金まで9手

   4手目61玉は51金、同龍、71桂成まで。72歩を省くとこれが割り切れない

#10 12飛、同玉、21銀打、22玉、44角、同飛、23金、11玉、12金まで9手

   42は銀にして角は11に置くほうがいいかもしれない